2013年03月22日

幼児期の習い事( 最後の更新 )

1年間
保育園に通う息子に対する習い事への
感想や出来事などを
想像でなく、実体験を通し書き綴ってきましたが
来月 小学生となるのを期に
「 幼児教育ときどきお遊びも 」
での更新を本日で最後に致します

小学生になっても
イロイロとチャレンジしていくと思い
そういう事を別のブログ名(小学生版)で記録していくつもりにしていますが

しばらくは、息子の日々の頑張りに負けない様
また親が手本となるよう
しばらくはネット世界でなく実世界で私もチャレンジしていこうと思っています
( とりあえず 空手 で息子より一歩先へ )


さて 今回の題名での記事は
未就学時での習い事全般への私なりの感想を述べたいと思います
( いつもながら息子を通してですので、
共感しないご家庭もあると思いますが・・・ )


まず、未就学児が習い事にいく事で
 学ぶ事や考える事が習慣化される
が一番だと思います


・・・


いっぱい やらしてるのに それだけか!ちっ(怒った顔)


と思われるかも知れませんが
子供に対してはこれくらいです

もちろん、暗記力や計算力 ピアノが弾けるや鉄棒、ダンスがうまくなった・・・・
息子の見た目の能力を書きだすときりがありません

ただ、そんなことより
やはり学ぶことへの習慣化が一番ではと

もちろん、習い事にいかなくても
家庭で決められた学習を行うことでも十分だとも思います


子供に対しては以上ですが
幼児期に習い事をさせる時には
子供以上に親の関わりが一番重要だと考えます

何々塾に行ってるから・・・

だけでは、親の勝手な期待ほど幼児は学習できない

塾から帰っての家庭や外での遊びで
学んだ事を使わせる(引き出す)事が重要です

計算・漢字・運動・英語

親が出来る・出来ないはありますが(私は英語はダメダメですもうやだ〜(悲しい顔)

すくなくても

子供が教室で『 何を学んできたか 』を聞いてやり
その事に対し、親が反応してやることが大事だと考えます


その上で普段の生活の中で
『 アッ これこの前 習ったな 』
など勉強した事を実社会で使える事を 感じさせる

そうしていく事でビックリするタイミングで
的確な反応(学びをアウトプット)させる時が
多々起こってきて、本当に使える教育へと変化していきます


抽象的な総マトメになってしまいましたが
幼児期のお勉強だからこそボヤ〜と抽象的になってしまうのでは
(具体的な成果を求めないから)



ブログを通し 小さいうちから習いごとなどさせなくても・・・
と考えられる方もおられ
実際 私も習い事なんかいかなくても
私が
ひらがな(などなど) 運動 理科 社会 ・・・・
生活や遊びの中で子供に提示し理解させれる(ピアノは無理ですが)
そういう気持ちはあり、もし近くに教室がなければ
そうしていたと思います

何を通して幼児に学ばすか?
道具を教室にするか本にするか知育オモチャや遊びでするか
そういう違いだけで
子供の将来を思う親の気持ちは基本的にはみんな同じと思っています

習い事をする事で子供は受動的になりすぎる
という心配もイロイロな記事から読めますが
私に言わせれば
『 たかが習い事くらいで その子の姿勢は変わらんで! 』
と思います

子供の姿勢や性格などは
幼児期では絶対的に
家庭での過ごし方が一番

幼児教育や習い事への
賛否やメリット・デメリットを目にする事がありますが
どれも間違っておらず
また間違っていると考えます

言葉として記述している部分は
一つの例や ある部分のみ取り上げており
その部分やそういう方に合致しているだろうが
それが、全ての教室や学習や
また対象とする幼児全てに合っているとは誰も言えないと考えます
(ある論文などもちだしてきても、どの子供にも当てはまるという説明は誰もできないはず)

情報を判断材料の一部とする事は問題ないと思いますが
子供への教育や指導への責任は全て親にあり
誰かに言われた とか 何々を参考にした
などと言っても結局は自分の子供なのだから
親の責任だと考えており

今後も息子と共に
考え・悩み・共感しながら
何がこの子の為になるのか
(過去にも書いた様に、学力・学歴などでなく何が必要か)
今後も息子と一緒に!


最後に
このブログ内容も
息子というたった一人だけの参考事例であり
書き綴った内容・教室なども他の子供サンに合うとは言えません
ので
これも一例として見て、いろいろな情報のうちの一つとしていただければ幸いです

今後の記事更新はいたしませんが
内容に関し(教室などでの)質問などがありましたら
ブログコメントでも残していただきましたら、少ない経験での返信はさせていただこうと思います
( 反応は遅れると思いますが・・・ )

それでは
今まで暖かく観ていただき本当に感謝しております
短い間でしたが
ありがとうございました



追記・・・ブログでの最後の会話
posted by マック at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児教育全般や迷い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

幼児期のピアノ

息子への習い事マトメ(4回目)は
ピアノるんるん

習うキッカケは、友達の家にあったピアノに興味を持ち
本人がやりたい
という言葉に反応した親バカ心から 始まりました

5歳半から始め ほぼ1年半習い 
現時点では何度息子に確認しても
「辞める」とは言はないので、小学校に入っても継続となるのですが

習い始め当初は
チョットでもいいから毎日ピアノに触ることが必要ではないかという気持ちで
練習させていたのですが
やってみると、どうしても口出しが多くなってしまい
素人パパがアレヤコレヤと注文をだしていました

当然、息子は嫌な気持ちになったと思うのですが
そんな時でも辞めるとは言わず現在に至っています

私は口出す反面
男の子だから嫌々ピアノを覚える必要はない
と考えていたので
逆に辞めると言ってくれれば とも思っていました

で、最近(ここ半年ほど)の息子とピアノと父の関係ですが
練習は土日で1回あたり15分程度の練習とメッチャ少なく
練習内容も息子に任せています
但し、いつもですが、練習途中で私に助けや確認を求めてきますわーい(嬉しい顔)

こんなゆっくり練習ですが、それでも確実に上達しており
ピアノの習い事を始める時に購入した練習本(2種類)も
春が終わる頃には終了する勢いで
毎回出される2曲分の課題に対し着実にクリアしていきます



それらを踏まえ、小さい頃のピアノをマトメルと

 一番に大事なのは、無理やり練習させても効果は無く
反対にマイナス効果が大きいと思います

 幼児期だからか、無理にしなくても
脳も指先もドンドン成長(吸収)していくので
練習量以上の成長が期待できる



私は楽器に無縁だったので、この程度でも
十分褒めてあげたいと感じられるのですが
音楽経験のある親ならもっと厳しいのかもしれず
そういう意味では素人親でよかったかと思っています黒ハート


耳に聞こえる効果は前述の通りなのですが
目に見えるものとして
習い始め当初は指の使い方は硬く(指が伸びている)
パタパタ引いている感じだったのが
今では卵を持つような手の形で指を曲げ、指先で鍵をタッチし
調子に乗ると体を前後に揺らしながら弾いている(本物みたいだぴかぴか(新しい)
また、今では左手も3本の指を使い大人でも厳しいくらい指を広げ
弾いているところを見ると
ピアノ効果で上げれる
指先を使える(使う事で) ⇒ 脳への刺激
となっていたのかも知れません 
☆七田だけでなく、こういう習い事も重なりIQが上がったのかもグッド(上向き矢印)



最後に私が思うピアノへの期待は
 息子が大人になり、仕事に追われる日々が来た時
 趣味を持つ事で、豊かな人生を送る為
 また、趣味を通じ自分に関係する世界が広がる事に
 ピアノが寄与してくれれば 

と思っています


私の期待とは別ですが卒園が近い息子に対しての最近の会話で
「むすんでひらいて」を両手でジャンジャン弾いているのを聞き

父 :「 めっちゃ上手いやん わーい(嬉しい顔)
父 :「 これで一個、出来る可能性が増えたね わーい(嬉しい顔)
息子:「 ・・・なに?? 
父 :「 保育園の先生になれるやん わーい(嬉しい顔)
父 :「 また保育園に通えるで 
息子:「 ・・・ちっ(怒った顔) 」


ラベル:ピアノ
posted by マック at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ご訪問ありがとうございましたわーい(嬉しい顔) 応援していただけましたら、ポチよろしくお願いいたしま〜す にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 七田チャイルドに通い、 良いわーい(嬉しい顔)も悪いふらふらも紹介しております  exclamation
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。